アステカのツンドラ

フリーゲームを作ったり。ウディタ、Unity。

近況など

 このブログもすっかり更新されなくなりました。

ゲームは作ってました…!

 

そのことも含めて、ここ数ヶ月は色々あったので、

とりあえず近況をだらだら書いていきます。

f:id:miyakox:20160509230310p:plain

f:id:miyakox:20160509230310p:plain

◆ニコニコ自作ゲームフェス2016

f:id:miyakox:20160509224631p:plain
ストーリー賞
を頂きました。

四人の王国も、公開からずいぶん経ったゲームなので

近日中に、制作の裏話みたいなブログ記事上げたいなと思っています(願望)。



◆ヴァルキリー・ハラングも

f:id:miyakox:20160509224806p:plain


窓の杜賞
を頂きました。

制作ブログのくせに作ったゲームの宣伝すらしてなかったわけですが…

ヴァルキリー・ハラングという戦略ゲームを作って応募してました。

内容は、RPGのコマンド戦闘を使ったパズルゲームみたいなアレです。

高難易度です。


近いうちに簡単な紹介記事を書こうと思います。


◆ゲームフェスの授賞式


賞を両手に喜ぶ僕の写真


自作ゲームフェスで賞をとるのは、実は魔王少女エリの敢闘賞、ウェポン・アリーナの窓の杜賞につづいて3回目になりました。


ニコニコ自作ゲームフェスには授賞式というのがあって、今回はスタジオに呼ばれて(その後、柵のない屋上にすし詰めにされて)生放送に出演したりしてました。

賞を頂くことももちろん嬉しいのですが、
何が良いって、授賞式の後の、懇親会…!!
ふだん集まらないフリゲ作者が一堂に会する場…!
飲めや語れやの大宴会…!

 

正直、懇親会に出たくてゲームフェス応募した感あります。


個人的には、好きなゲームの作者さんに直接感想を伝えられるのが、結構嬉しかったり。
なかなか無いんですよね、作者さんとの直接の交流って。
一方的な感想の送信ではなく、対話の中でこそ伝えたいものがある(言い方が難しい)


というわけで二次会までワイワイガヤガヤ話してました。


事前に好きだった『木精リトの魔王討伐記』の神鏡学斗さんや、ぬるぷろのNullさん、前からお世話になっている川崎部の早川さんと
お話できたのは楽しかったです。


ゲーム作者と言ってもいろんなバックの人がいるので、話すとぜんぜん違うことが聞けたりするのが、やっぱりフリーゲーム作者ならではというか…面白かったです。





◆フリゲ作者オフ会

寿司食ってきました。
寿司が運ばれてきてまず、どの寿司が速いかで盛り上がるのはマジ面白かった。

www.freem.ne.jp
元ネタ。
ハマチがコーナリングしやすくて使いやすいです(個人的に)


メンバーは、
寿司会を企画してくださった、もぐらゲームス編集長のporoLogue氏、
積層グレイブローバー」や、最近書籍化された「虚白ノ夢」の作者カナヲ氏、
結晶石と錬金銃」や「召喚指揮候補生」を作られた川崎部の早川氏、
ひびかけ色のキセキ」に引き続きスマホゲームも作られているecona氏、
グレナサクリファイス」や「ロードライト・フェイス」でお馴染みのud氏、
片道夜行列車」を制作され、素敵な絵を描かれるhaco氏、


…などなど、そうそうたるメンツでした。
オフレポに書いていいか分からない方もいるので、Twitterで話題にされてた方のみ書いてます)



お世辞抜きに好きなゲームの作者さん達だったので、色んな話が聞けて楽しかったですね。

僕は他の人の作品についてアレコレ言ったり聞いたりするのは大好きなんですが、
逆に自分の作品の感想を直接言われると、
キョドってしまうのは情けないところですね…(基本ほめられるのが苦手。嫌ではない)


あと、事前に参加者さんのゲームでもっと遊んでたら、もっと深い話が聞けたかなーと。
特にudさんはシンプルで戦略性がある&何度も遊びたくなるゲームを作られる方で、
自分はロードライト・フェイスしか遊んでいないことを少し後悔したり…。

またフリゲ作者で集まる機会があったら良いなー!と思うくらい楽しかったです。



◆次回作について

もりもり作っています。


毎回違うゲームを作るというコダワリがあるので、次回作も違うものになると思います。

四人の王国でキャラを動かしたり展開を考えたり会話を書いたりするのが最高に楽しかったので、
次回作はそういう要素濃い目のナニかになるかなーと。
ただせっかくなので四人の王国と真逆な感じを目指したいですね。

 

そんな感じで。これからはブログもちょくちょく更新していきたいです。まる。