アステカのツンドラ

フリーゲームを作ったり。ウディタ、ツクールMV、Unity。

作るの早い人、尊敬してやまない

今作っているアドベンチャーゲーム、後少しで完成します。

 

あと最後のイベントに動きをつけて、

エンディング作って、

抜けている画像を作って、

設定で漏れがないかを確かめて、

宣伝用の体験版を作って、

テストプレイしてバグがないかを確認して、

ようやっと完成です。

たぶん。

きっと…

 

 

他のゲーム作ってる人の話聞くと、

面白いものを自分より圧倒的に早く作っていたり、

自分と違ってイラストや音楽も作れる人だったり、

なんでみんなそんなにハイスペックなの…?と思ったりしてます。

 

特に、早く作れる人ね。

長編のゲームを数ヶ月とか半年とかで作れる人って、何なの?

普段なに食べてればそんなに力が湧いてくるの?

 

早く作れるって、1日の作業量がすごい、というよりは、

自分の作った物が好きで、「作り直す工程が少ない人」、だと思う。

 

 

自分は、一度書いたものを後で何度も書き直すし、

少しでも気に入らなかったら直すことにしている。

けど、それではいつまで経っても完成しないし、

完璧を目指すより不完全なものをいくつも完成させて公開した方が、

時間対経験値は高いだろう。

 

でも、それができない。

だって、なんか嫌だから。

不完全を直してしまうのは、ニキビを引っ掻いて取る感じと似てる。

でも、そんなやり方を続けていれば、いつまでも底辺を這って上に上がれないというのは、分かっている。成長が遅いのは楽しくないから辛い。

 

けど、不完全で、自分もダメだと分かっている物を公開するのは、なんだか許せないし、勇気が出ない。

そしてそれは、製作期間が伸びれば伸びるほど、強く感じていくことになる。

「こんなに長い間作っているのだから、今さら妥協はできない」という風に。

 

そんなわけで、いいものを作れているという実感はあるのだけれど、

製作期間がとても伸びてしまい、反省しています。

もっと適当に作って、適当に出して、フィードバックを元に次のゲームを適当に作って…

そのサイクルの中から学べることを学んでいけばよかったんだ。

 

制作は楽しいからしているけれど、それは成長を実感できるのが楽しいわけで、

いつまでも同じ物を作っているのは、だんだんつまらなくなる。

なんでこんなに辛いんだろう…楽しいから作っていたんじゃないのか…という気分です。

早く完成させたいですね。

  

と、最近作っていてあまり楽しさが実感できなかったので色々吐いてしまった。

完成までがんばります。

おしまい。